fbpx

穏やかに老後を過ごすために

認知症に伴う行動心理症状(BPSD)や老年期の精神症状に対する治療を紹介しています。認知症の人の多くがいくつかのBPSDを経験すると言われています。一旦症状が悪化するとご家族・介護者との関係性もこじれて悪循環に陥ります。できるだけ早い時期から、適切な関わりを持てるよう心がけなければいけません。また高齢者の精神症状は認知症の前駆症状(前ぶれ)であることも多いため、適切に診断しご本人にふさわしい治療を考えることも重要です。

PAGE TOP