病診連携勉強会で講演をしました


第29回名古屋西認知症疾患病診連携勉強会で「抗認知症薬のはじめかた・やめ時」というテーマの講演をしました。地域のかかりつけ医の先生をはじめ介護職の方々にお集まりいただき定期的に開催してきたものですが、今回が最後の参加となりました。

振り返ってみますと前任のセンター長から引き継いだ第15回から3年間にわたり、その時のトピックスや病診連携に寄与する情報をお伝えしてきました。せっかくお時間を割いてご参加いただく方々に、少しでも有益な内容をお届けしたい一心で、テーマやコンテンツの選定に苦心することもありましたが、おかげでさまざまな気付きが得られたり、知識を整理することができたように思います。

同会での講演、認知症疾患医療センターとしての活動はこれで一区切りですが、これからは地域により近い立ち位置で診療や講演に携わっていきたいと思います。多くの機会を与えてくださった地域医師会の先生方には心より感謝しております。ありがとうございました。